京都市西京区・洛西ニュータウンの内科・消化器内科・心療内科のクリニック

075-335-0220

押してください。電話がかかります。

ブログ

2015/12/26

痛風・高尿酸血症の方に日々気を付けていただきたい事

今回は痛風・高尿酸血症の方に日々気を付けていただきたい事についてお話いたします。

尿酸値を高いままにしておくと、痛風発作という痛みが足の親指の付け根に出ることがあります。

これは、ものすごく痛くて(風が吹くだけでも痛いと言われるぐらい)歩くのにも支障が出るほどです。

尿酸値を下げるには食事療法薬物療法があります。

食事療法では尿酸の材料になるプリン体の摂取を控える必要があります。

プリン体は肉や魚の内臓に多く含まれます。また水に溶けるので、肉や魚から取ったスープ(鶏がらスープなど)にも注意が必要です。

アルコールの中でもビールはプリン体が多いです。

———————————————————————————————————————

以下、100g中に含まれるプリン体の含有量を書いておきます。

極めて多い(300mg以上):鶏レバー、あんこう肝酒蒸し、イサキ白子、マイワシ干物

多い(200~300mg):豚レバー、カツオ、マイワシ、牛レバー、マアジ干物、さんま干物、大正エビ

少ない(50~100mg):ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、ほうれん草、牛肩ロース、牛タン、マトン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、ツミレ、カリフラワー

極めて少ない(50mg以下):コンビーフ、魚肉ソーセージ、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、ウインナソーセージ、豆腐、とうもろこし、ジャガイモ、さつまいも、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、白菜、海藻類

———————————————————————————————————————

また、尿酸は尿から排泄されます。尿量が多くなれば尿酸の排泄量お増加します。

水分(カロリーのない水やお茶)を十分量とりましょう。

 

LINEで送る
Pocket