京都市西京区・洛西ニュータウンの内科・消化器内科・心療内科のクリニック

075-335-0220

押してください。電話がかかります。

ブログ

2016/02/07

「お酒で顔が赤くなる」は食道がんのリスク?

【食道癌のリスクとは?】

こんにちは。院長の舟木です。

お酒を飲むと、異常に顔が赤くなる方っていらっしゃいますよね?

こういう方をフラッシャーと呼びます。

これは、、アルコールの分解がスムーズにいかず、アルコールが分解される過程で発生するアセトアルデヒドが、体内に蓄積しやすい体質だということを意味します。

このアセトアルデヒドが問題物質なんです。

このアセトアルデヒドは飲酒後の、顔が赤くなる症状以外にも、胸がドキドキする、頭痛、吐き気、嘔吐などの不快な症状(フラッシング反応)を引き起こします。さらに、それだけに留まらず、がんを発生させる毒物(発がん物質)にもなります。

飲酒で赤くなる人(フラッシャー)は、アセトアルデヒドを分解するアルデヒド脱水素酵素(ALDH)という酵素の活性が弱いためです。日本人の約45%はALDHの活性が弱い体質(遺伝子)を持っているとされています。

ALDH活性が弱い方でも、飲酒を続けることで鍛えると、次第に酒に強くなって飲めるようになってきます。しかし、ALDH活性の弱い体質は訓練によっても変えることはできません。よって、アセトアルデヒドが毎日体内に蓄積し、食道などに炎症を起こします。さらに、この炎症からがんが発生してきます。

【お酒で顔が赤くなるひとは危険?】

実際、ALDH活性の弱い(酒に弱い)人でよく酒を飲む人の食道がんの発生率は、ALDH活性が強い(酒に強い)人で酒をよく飲む人の12倍にもなると言われております。

お酒が好きで、顔が赤くなり易い方は、定期的に胃カメラで検査を受けられることをお勧めいたします。

特に最近はNBIという特殊な波長の光を用いた内視鏡検査で食道癌を早期に発見しやすくなっています。【下の画像で茶色くなっている部分が癌の部分です。】

通常光観察

NBI観察

当院では、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医の院長が「経鼻によるオエッとなりにくい、ラクな内視鏡検査」を行っております。

お心当たりの方はお気軽にご相談ください。

監修・文責 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医 舟木 準

LINEで送る
Pocket