京都市西京区・洛西ニュータウンの内科・消化器内科・心療内科のクリニック

075-335-0220

押してください。電話がかかります。

ブログ

2016/03/25

多剤服薬(ポリファーマシー)について  【その症状は薬のせい?】

先日、若手医師が勉強のために読む月刊誌を読んだのですが、興味深い特集がありました。

多剤服薬(ポリファーマシー)についてでした。

ポリファーマシーはポリ(poly)+ファーマシー(pharmacy)の造語で、要は多剤服薬の事です。

一般的には5種類以上の薬を飲んでいれば、多剤服薬(ポリファーマシー)になります。

で、この多剤服薬ですが、多数の病気を併発されている患者さんでは致し方ないケースが多いです。

ただ、薬というのは、副作用、薬同士の相互作用がありますし、副作用を抑えるためにさらに加薬となれば、

ますます薬が増えてしまい、医師としては悩ましい問題です。

よくあるケースですと以下のパターンがあります。

①膝が痛くて、痛み止め(NSAIDs)を内服→血圧が上昇→高圧薬が追加

②原因不明の吐き気、食欲不振で吐き気止め(ドーパミン受容体遮断薬)を内服→手が震えだす→パーキンソン病治療薬が追加

③物忘れが出てきて抗認知症薬(アセチルコリンエステラーゼ阻害薬)を内服→尿失禁が出現→排尿障害治療薬が追加

こういった例は挙げればキリがありません。

「薬を止めることで病状が増悪したらどうしよう!」という不安が伴いますが、どうしても必要な薬以外を勇気をもって止めていくという事も、治療においては大事なことであると再確認できました。

多剤服薬されている患者さんにおかれましては、今一度、主治医に止めれる薬が無いか相談されてみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket