京都市西京区・洛西ニュータウンの内科・消化器内科・心療内科のクリニック

075-335-0220

押してください。電話がかかります。

ブログ

2017/02/03

2017年春の花粉予測情報

こんにちは。院長の舟木です。

そろそろ辛い花粉症の時期がやってきます。今年の花粉の量はどのような予想がされているのか、書いてみようと思います。

まず、春に飛散するスギやヒノキの花粉量は①前年夏の気象条件と②前年春の花粉の飛散量に大きな影響を受けていると言われています。

前年夏の気象条件の影響 : 前年夏の日照時間が長いと翌年花粉を飛ばす種子の成長が促進されるため花粉量は多くなるんですね。

前年春の花粉の飛散量の影響 : 前年春の花粉の飛散量が多い→受粉が多くなる→スギが作る種子の数が多くなる→そちらに栄養が取られる→翌年飛散する花粉の量が減る

という理屈だそうです。風が吹けば桶屋が・・と似ていますね。

この条件から推測するに、2017年の春の花粉飛散量は近畿地方では、例年の2倍!、飛散開始時期は2月20以降と言われております。

当院では、花粉症治療では、①内服点眼点鼻を患者さんの症状や薬の副作用に合わせて処方しております。眠くなりにくいお薬による治療も可能です。

花粉症でお悩みの方は、「院長も花粉症」の当院にご相談下さい。