京都市西京区・洛西ニュータウンの内科・消化器内科・心療内科のクリニック

075-335-0220

押してください。電話がかかります。

ブログ

2017/06/03

50歳を過ぎたら気をつけたい帯状疱疹とそれを予防するワクチンのお話  

 

こんにちは。院長の舟木です。

本日は最近適応が追加となりました、帯状疱疹の予防ワクチンのお話をさせて頂きます。

  • 帯状疱疹とは?

水ぶくれを伴う赤い発疹が体の左右どちらかに帯状に出る病気で、強い痛み(神経痛)を伴い、症状が4週間ぐらい続きます。

水ぼうそう(水痘)にかかったことがある方は多いかと思いますが、水痘は治った後も体内に潜んでいて消える訳では無いんです。

普段は免疫力で活動が抑えられているのですが、加齢やストレスで免疫力が低下するとウイルスが暴れ出し、神経に沿って移動して皮膚に到達し帯状疱疹を発症します。

よって、水痘にかかったことがある人(日本の成人の9割以上)はウイルスが体内に侵入していますから、ほとんどのひとが帯状疱疹を発症する可能性があります。

 

  • 帯状疱疹の発症率は?

発症年齢を見てみますと、50歳代からが急激に高くなります。

加齢により免疫力が低下する事が原因と思われますが、80歳までに3人に1人が帯状疱疹を発症すると言われており、非常に患者さんの多い疾患です。

一度帯状疱疹になると、その時点で水痘ウイルスに対する強い免疫を再獲得できるためその後帯状疱疹が再発することは稀ですが、ゼロではありません。

繰り返す方は、免疫力が極端に低下している疑いがあり、悪性腫瘍などの検索を行う事が必要となります。

 

  • 帯状疱疹の合併症は?

通常は発症早期から抗ウイルス薬を内服することにより約4週ほどでほぼ完治することが多いのですが、約2割の患者さんで帯状疱疹後神経痛(PHN)が残ります。

これがなかなか厄介で数ヶ月~何年も痛みが続き、ペインクリニックを受診される患者さんもいらっしゃいます。

また、角膜炎による視力低下、失明などの眼症状、難聴、耳鳴り、めまい等の耳症状が残ることもあります。

 

  • 帯状疱疹を発症しないために出来ることは?

日頃からストレスを避け、体調管理を心がけ、免疫力が低下することを防ぐ事が大切です。

ただ、仕事や日常の出来事によりどうしても疲れがたまってしまう事がありますよね?

そのため、帯状疱疹を予防するためのワクチンを50歳以上の方は打っておくという方法があります。

 

  • 帯状疱疹予防のワクチンとは?

帯状疱疹の予防ワクチンは、つまり水痘ワクチン(生ワクチン)のことです。

このワクチンの効果を簡潔に申し上げますと、

  • 帯状疱疹の発症率が約半分に減らせる
  • もし発症したとしても痛みなどの程度をスコア化した場合、6割減らす事が出来る
  • 辛い帯状疱疹後神経痛(PHN)の発症を65%減らす事ができる
  • 効果は最低でも5年は続く

以上となります。

50歳以上の方で帯状疱疹の予防ワクチンをご希望の方は当院までお気軽にご相談下さい。

なお、接種料金は自費診療扱いで8,000円となります。