京都市西京区・洛西ニュータウンの内科・消化器内科・心療内科のクリニック

075-335-0220

押してください。電話がかかります。

当クリニックについて

ふなきクリニックは、内科・消化器内科・心療内科・皮膚科を標榜する洛西ニュータウン内のクリニックです。駐車場は敷地内に6台(障害者用駐車場1台含む)ございます。

バリアフリー構造・エレベーター有り・車椅子の方でも受診していただけます。

通常の診察、血液検査や尿検査、レントゲン検査などは予約性ではありませんが、内視鏡検査・エコー検査・健康診断は予約制となっております。

皮膚科外来は非常勤医師(皮膚科専門医・形成外科専門医)が担当しておりますが、担当医不在時でも内科外来の方で院長が可能な限り対応させていただいております。

『 なぜ、この標榜科目なのか? 』

院長の専門は消化器内科です。総合病院の消化器内科は胃カメラ・超音波検査・大腸カメラなどで病気を診断し治療を行う科ですが、検査で病気が見つからないのにもかかわらず胃腸症状を訴えられる患者さんは非常に多いです。そういった患者さんに、とりあえず胃薬をお出ししたところで症状に改善は見られません。では、どうすれば症状を解決することができるのか?病院で消化器内科の診療に携わりながら常に考えてきました。

そして、私が多くの偉大な先輩の先生方から指導を頂き行きついた答えというのが、消化管は第二の脳であるということです。現代社会はストレス社会であり、私たちは様々なストレス・プレッシャーを感じながら生活しています。消化器の検査で異常がないのに消化器症状がある患者さんのお話を伺っておりますと、症状の原因はストレスにより脳が疲労しているためである事が非常に多く、そういった患者さまに対して心療内科・漢方診療といった分野からのアプローチにより症状が改善することを多く経験しています。これは、何も消化器内科に限ったことではありません。動悸がする、胸が痛いという症状で循環器内科を受診され、検査で異常が無かった場合も同様の原因であることはやはり多いと実感しています。

内科と心療内科、つまり身体と心を診るという事が非常に重要であると私は考えています。もちろん、私は精神科の専門医ではありませんので、重症のうつ病や双極性障害、統合失調症の診療は出来ませんので、近隣の精神科の先生と協力して日々診療しております。小さなクリニックですし、全ての疾患に対応できる訳ではありませんが、近隣住民の方の健康維持に少しでもお役にたれればとスタッフ一同頑張っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。