京都市西京区・洛西ニュータウンの内科・消化器内科・心療内科のクリニック

075-335-0220

押してください。電話がかかります。

消化器内科

お腹、消化器(胃腸・肝臓・膵臓・胆のう)の病気


院長は消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医・指導医、肝臓学会専門医の資格を有しており、特に消化器疾患の診療や内視鏡検査に力を入れております。
お腹の症状(胃が痛い、お腹が痛い、便秘、下痢、食欲がない等)がなくても、なんとなく怠いといった場合は肝障害や貧血が隠れていることもありますのでご相談下さい。
当院の胃カメラは経鼻カメラという細いカメラで行っておりますので以前に口から受けられて辛かったという方でも楽に受けて頂くことが出来ます。
ふなきクリニックの内視鏡のページへ移動する
以下の症状の方はご相談ください。

 

胃痛・胃もたれ・腹痛 当院では胃カメラ・腹部エコー検査を行っておりますので、原因を診断し、治療を行って参ります。胃症状が続く方はピロリ菌に感染している事があり、胃がんを減らすためにもきっちりと診断した上で除菌治療を行う必要があります。
その他、胃の病気と思っていたら心臓や胆のう・膵臓、心の病気が原因だったというケースもありますので注意が必要です。
便秘・下痢などの排便障害 便通異常の原因として大腸がん・ポリープ、ストレス(過敏性腸症候群)、腸炎、内服薬の副作用などが考えられます。
当院では大腸内視鏡検査、ポリープの日帰り手術を行っております。
便秘は最近新しい治療薬が次々に発売され、治療の幅が広がっております。当院では便秘外来として積極的に便秘の治療を行っております。お気軽にご相談ください。
脂肪肝や肝炎の治療 飽食の時代である現代では、アルコールによる肝障害だけでなく、食事による脂肪肝の方が増えております。脂肪肝は殆ど症状がありませんが、長期間放置すると肝硬変から肝がんを発症することがあり注意が必要です。当院では血液検査と腹部エコーによる診断を行っており、食事指導を中心に治療しております。
またB・C型肝炎の治療は近年進歩が目覚ましく、特にC型肝炎の治療は昔のインターフェロンのような副作用のある長期間の治療ではなく、副作用の少ない内服薬が登場しており、著しい治療効果の改善が達成されています。